どらやきなど和菓子・和洋菓子の喜田家 ホーム > おついたち(一覧) > 平成23年5月(皐月)のおついたち―『沼ごとに 袖ぞ濡れける あやめ草  こころに似たる ねを求むとて 』

平成23年5月(皐月)のおついたち―『沼ごとに 袖ぞ濡れける あやめ草  こころに似たる ねを求むとて 』

毎月1日とその前日限り、店頭にて販売

緑の風もさわやかに…五月ともなれば、全国でさまざまな夏祭りが
始まります。
 各地で行われる神社の例大祭、流鏑馬神事、大凧あげ、花まつり、そして鯉のぼりに関係するお祭りなど…、残念ながら今年の三社祭は中止となってしまいましたが、人々の初夏の楽しみは時代が変わっても、何が起こっても、廃れることはありません。 

私の毎年の楽しみは時間が無くてもすぐに行かれる、堀切菖蒲園でしょうか。
堀切菖蒲園の花菖蒲の見頃はもう少し後の6月の上旬あたり。梅雨のひととき、しっとりと美しく咲き誇る花々に夏の訪れが近いことを感じます。菖蒲の他にも四季折々の草木が植えられ、様々な風情が楽しめる庭園です。
堀切の花菖蒲は、江戸名所の一つとして数えられ、その景観は安藤広重を始め、歌川豊国・清親等の錦絵に描かれています。江戸時代中期には、花見の名所としてたくさんの江戸っ子でにぎわい、明治・大正のころまでは、文人墨客も多く訪れたそうです。

今月のおついたちは羊羹と黄身あんいりの雪平で表現した
「花菖蒲」。今年最初の菖蒲は御目と御口でお愉しみください。

「花菖蒲」の花ことばは「良い知らせ」なのですって。
皆さまによい知らせが届きますように!!!

喜田家町屋店2階のギャラリースペースにて、月に一度、お抹茶を愉しんでいただくお茶会を開催しております。
10時から15時の間に御予約なしでお楽しみいただけます。お茶会開催日は第3日曜日を予定しておりますが、変更する場合がありますので町屋店に直接お尋ねください。
また、4月開講予定としておりました「花柳双喜美・京の文化セミナー」は、先生のご都合により中止となりました。楽しみにされていた方々には大変申し訳ございません。

元気で生きる 主人 田口 恵美子
[an error occurred while processing this directive]
どらやきなど和菓子・和洋菓子の喜田家 ホーム > おついたち(一覧) > 平成23年5月(皐月)のおついたち―『沼ごとに 袖ぞ濡れける あやめ草  こころに似たる ねを求むとて 』