HOME > おついたち(一覧) > 平成25年3月(弥生)のおついたち ~ 早春 ~

平成25年3月(弥生)のおついたち ~ 早春 ~

毎月1日とその前日限り、店頭にて販売

唐人(からびと)も 舟(ふね)を浮(う)かべて 遊(あそ)ぶと云(い)う けふ(きょう)ぞ吾背子(わがせこ) 花縵(はなかずら)せよ 中納言家持 (三月三日の「曲水の宴」で詠われた)

 弥生は「草木がいやおい茂る」からきているといわれています。
 三月三日は五節句のひとつである桃の節句です。
平安時代の姫君の遊びから広まったともいわれる雛まつり。雛人形とともに桃の花が飾られるのは、桃には邪気を払う霊力があるとされていたので、その力を借りて病気や災厄を防ごうとしたのでしょう。また、待ち望んでいた春の訪れをより身近に感じたいという切なる願いも込められていたように感じます。

早春を待ち侘びる気持ちは今の昔も同じです。ご家庭でも待つだけでなく、花飾りに始まり、お料理やしつらいまで、できることは工夫して、もっと能動的に春を迎え入れたいものです。 

時代は変わろうとも伝え継ぎたい家庭の文化がありますね。雛飾りもそのひとつ。
菜の花や桃の花が咲く頃、女の子のいる家庭で、スタイルは少々は変われども桃の節句を祝うのは、こどもの幸せを願う親の気持ちが託されているからでしょう。子や孫の為に、春を招く心豊かな思い出を作ってあげたいものです。

 今月の「おついたち」は、待ちわびた雛の季節を華やかに祝い愉しむお菓子“早春・雛遊び”です。雛の節句に欠かせない「ひちぎり」は餅を引きちぎって丸めてくぼみをつけ、その中に餡をのせた、平安時代から伝わる「戴餅(いただきもち)」に由来する、こどもの健やかな成長を願う伝統のお菓子です。仲良く寄り添う「内裏雛」を大和芋を使ったしっとりした生地の薯蕷まんじゅうで。五人囃子が奏でる「」を桃山でおつくりしました。さらに「右近の橘」を外郎でつやよく仕上げました。

桃の節句が過ぎる頃から春のお彼岸に掛けては潮の満ち干の差が大きくなる時期です。キラキラと春の光をうつす「春の波」を練り切りでおつくりしました。華やかな喜びの季節の訪れを感じてお愉しみ下さい。
まだしばらく冷えますが、お風邪などひかないでどうぞお元気に春をお迎えください。

元気で生きる 主人 田口 恵美子
[an error occurred while processing this directive]
HOME > おついたち(一覧) > 平成25年3月(弥生)のおついたち ~ 早春 ~