HOME > おついたち(一覧) > 平成26年12月(師走)のおついたち~「なりにけり なりにけりまで 年のくれ」~

平成26年12月(師走)のおついたち 「なりにけり なりにけりまで 年のくれ」

毎月1日とその前日限り、店頭にて販売

「なりにけり なりにけりまで 年のくれ」 松尾芭蕉

 本格的な冬に入ります。「師走」とは晩冬、陰暦十二月の異称ですが今の陽暦でも同じく十二月に使われる言葉です。

 師走の師は僧のことでこの月になると僧もあちこちとせわしく走り回るところから出た言葉だと俗に言われていますが、また師は伊勢の御師と呼ばれる下級神職のことでこの人たちが歳末に伊勢神宮の札を全国に配り歩いたところから出た言葉だという説もあります。

『年の暮(としのくれ)』 一年の終わり、十二月も押しつまった頃をいう。

『年の内(としのうち)』 今年ももう残り少ないという意味。

『行(ゆ)く年(とし)』 年の終わりで感慨深く過ぎ行く年を惜しむ心持ちを表現します。

『小晦日(こつごもり)』 大晦日の前日をいいます。

『大晦日(おおつごもり)』 おおみそかとも読みますが、十二月の最終の日。

つまり一年の終わりの日。 *「つごもり」は『月隠り』を略した言葉で月の終わりの日。毎月の晦日のうち、十二ヶ月の最終の日を大晦日といいます。日本人は長い間、月の満ち欠けと太陽の運行を巧みに組み合わせてきました。そして日本には季節の移ろいを表わす精妙な言葉があり、まさに「言葉の宝庫」です。

   クリスマスは大正時代に一般化された、日本で最もポピュラーな外来イベントであるといえるでしょう。キリスト教徒でなくても心がときめくクリスマス。次第に行われなくなった日本の節句に比べるとますます華やかになっている気がします。街では庭にイルミネーションを灯して外は光輝く別世界に...。

 でも舞台裏ではすでにお正月の準備が着々と進んでいます。一年中で最も場面転換がダイナミックな時ですね。洋から和へ瞬時に取り替える。行く年、来る年へと...。

今月のおついたちは「冬至とクリスマス」をテーマにおつくりしました。

 積善之家 必有餘慶    漢詩 『易経』より

『善行を積む家庭には必ず有り余るほどの慶びが訪れる』

一生懸命正直な心で奉公する、商人の座右の銘として励んで参りたい所存でございます。

又、来年二月からの「おついたち」も職人共々、一生一品を発表してまいります。 どうぞ良いお年をお迎えくださいますようお祈りしております。

元気で生きる 主人 田口 恵美子
[an error occurred while processing this directive]
HOME > おついたち(一覧) > 平成26年12月(師走)のおついたち ~ 「なりにけり なりにけりまで 年のくれ」 ~