HOME > おついたち(一覧) > 平成28年3月(弥生)のおついたち~「 君がため 春の野にいでて 若菜摘む我が衣手に 雪は降りつつ 」~

平成28年3月(弥生)のおついたち 「 君がため 春の野にいでて 若菜摘む我が衣手に 雪は降りつつ  」

毎月1日とその前日限り、店頭にて販売

「 君がため 春の野にいでて 若菜摘む我が衣手に 雪は降りつつ  」百人一首 光孝天皇

   三月の節供・上巳(雛祭り) 古くは三月の初めの巳の日に、紙人形で体を撫でて身体の汚れをうつし海や川に流す神事で、これが後世、女児の成長を祝う節句となったようです。  今回はお雛さまの料理に願いを籠めて、「いただく」を考えてみました。 【気をいただく】 春の息吹をいただくのが菱餅で、緑は大地の力・ピンクは桃の花・白は雪を表し、春の景色を表現しているともいわれます。緑には蓬を用い、この時期に生え生命力を象徴する植物と言われます。 【決まりをいただく】 雛祭りの代表的な料理には蛤のお吸い物があります。蛤をはじめ、二枚貝は夫婦円満の象徴とも考えられていました。二枚貝の裏に書いた絵や歌を合わせて遊ぶ『貝合わせ』を入れる貝桶は、婚礼道具となりました。 【美しさをいただく】  雛菓子・上生菓子などかわいいお菓子がたくさんありますが、『ひなあられ』の由来は江戸時代に「雛の国見せ」というひな遊びが流行したことからきたといわれており、菱餅を砕いて作ったお菓子といわれます。 【共にいただく】  ご馳走を神様にお供え、縁者が集い共にいただく事。お雛さまにも料理などをお供えしお祝いします。又、雛の守護神〈犬筥〉は安産の象徴であり、女の子が無事に産まれると雛人形と共に飾られたようです。 ちなみに、芝大神宮(都心にあるお伊勢様)で授与される千木箱は千木の‘木’を‘着’と読み替え、千着の着物が得られるほどの良縁に恵まれるお守りとして知られているようです。  名だたる神様を参拝しながら、東京再発見の散策などはいかがでしょうか?  今月の「おついたち」は、ひなまつりをテーマにお雛さまへお供えする可愛い上生菓子をおつくりしました。 練りきり製の「お内裏様」・「お雛様」・「りんご」・「メロン」・「みかん」、雪平で白あんを包んだもので「もも」・「瓢」、桃山で「鼓」の形を作り、羊羹で「菱餅」を表現いたしました。 色とりどりの上生菓子を目で楽しみ、味で楽しんでいただき、楽しいお雛祭りをお過ごしください。

[an error occurred while processing this directive]
HOME > おついたち(一覧) > 平成28年3月(弥生)のおついたち ~ 「 君がため 春の野にいでて 若菜摘む我が衣手に 雪は降りつつ 」 ~