HOME > おついたち(一覧) > 平成28年9月(長月)のおついたち~「今来むと言ひしばかりに長月の 有明の月を待ち出でつるかな」~

平成28年9月(長月)のおついたち 「今来むと言ひしばかりに長月の 有明の月を待ち出でつるかな」

毎月1日とその前日限り、店頭にて販売

「今来むと言ひしばかりに長月の 有明の月を待ち出でつるかな」素性法師 古今集

   日本には四季があり第三の季節「秋」の始まりです。日本人にとって四季それぞれの美しさは至極当たり前のことで季節の移ろいとして生活のリズムになっています。九月になると行事が目白押しです。秋の氏神様に山車や神輿で祈りと感謝を捧げます。  そして九月九日は重陽の節句。九月九日はまさに極まった陽の数字である九が重なる日。菊見の宴が催され、長寿を願って菊を浮かべた酒を飲んで楽しみます。    今年は九月十五日が十五夜。十五夜の月を鑑賞して宴を催す日。「芋名月」といって里芋などを供えます。    九月十七日は神嘗祭(かんなめさい)。その年の最初に収穫した稲穂「初穂」を供え、五穀豊穣の感謝を捧げる祭祀です。  九月二十二日は秋分の日、秋分の日を真ん中にした七日間の間が秋のお彼岸です。お墓参りにいきお萩を供え、ご先祖様を供養します。  ところで、少し四国遍路という祈りの巡礼の道について調べてみました。 四国お遍路とは、発心の道場(徳島)→修業の道場(高知)→菩提の道場(愛媛)→涅槃の道場(香川)と八十八箇所の霊場を廻る1400kmの巡礼の道です。今年は閏年に加えて申年ということで、逆打ちが人気だそうです。 「無財の七施」(むざいのしちせ)…財力や智慧が無くても七施として、だれでもいつでも七つの施しが出来るとされています。   1.優しい眼差しですべてに接する 「眼施(慈眼施)」(げんせ・げんじせ)  2.いつも和やかに、おだやかな顔つきをもって人に対する 「和顔施(和顔悦色施)」(わごんせ・わがんえつしきせ)  3.ものやさしい言葉を使うこと。思いやりのこもった態度と言葉を使う 「言辞施(愛語施)」 (ごんじせ・あいごせ)  4.骨身を惜しまず、真心をこめて奉仕する「身施(捨身施)」(しんせ・しゃしんせ)  5.思いやりの心を持つこと。相手の気持ちを考えた心配りで、親身になって真心を込めて行う 「心施(心慮施)」(しんせ・しんりょせ)  6.座席を譲ることである。さらにはライバルの為にさえも、自分の地位をゆずっても悔いない 「牀座施(床座施)」(しょうざせ)  7.温かく自分の家に迎えたり、雨宿りの場所を提供する「房舎施」(ぼうしゃせ) 海に沿ってめぐる遍路の道を地元の人々の「お接待」といわれる施しや激励が遍路の大きな支えとなっているようです。人はだれも人に助けられ、人に教えられます。  今月の「おついたち」は秋の景色を映します。 重陽の節句の菊の「着綿」(練り切り)に、「菊見酒」(雪平)、十五夜の「月見うさぎ」(浮島・羊羹)、秋風を呼ぶ「赤とんぼ」(練り切り)、大地の恵みの「秋山路」(時雨、栗きんとん)をお楽しみください。   積善之家必有餘慶 漢詩「易経」 『善行を積む家庭には必ず有り余るほどの慶びが訪れる』  今月はこの掛け紙をおかけしております。 一所懸命正直な心で奉公する。商人の座右の銘として励んで参りたい所存でございます。              元気で生きる 主人 田口 恵美子 おついたちとは 毎月ついたちの日だけ、その月にふさわしいお菓子を創作し、ご提供させていただいております。 神仏に御供えし、皆様の御家庭の御健康と御発展をお祈りし、心新たに月のはじまりを迎えましょう。

[an error occurred while processing this directive]
HOME > おついたち(一覧) > 平成28年9月(長月)のおついたち ~ 「今来むと言ひしばかりに長月の 有明の月を待ち出でつるかな」 ~