HOME > おついたち(一覧) > 平成29年3月(弥生)のおついたち~「雛祭る 都はづれや 桃の月 」~

平成29年3月(弥生)のおついたち 「雛祭る 都はづれや 桃の月」

毎月1日とその前日限り、店頭にて販売

「雛祭る 都はづれや 桃の月」 『与謝蕪村』

   三月 上巳の節句(雛祭り)    春は生命の目覚める季節、そして季節の変わり目は生活に変化がある季節でもあります。  古来、人は体調の変化するこの時期、特に無病息災を祈ったものでした。   上巳の節句は元々、「上巳の節句」の際に、草や藁、紙で作った人形(ひとがた)で体を撫で、穢れを移した ものを川に流すことで厄払いをする行事でした。  これと貴族階級の女児が行っていた紙の人形の御ままごと遊びである「ひいな遊び」が合わさって華やかな節句として伝えられてきました。世界中でもっとも人形文化が華ひらいたのは日本なのだそうです。 人形文化の中心が「お雛さま」、紙で作られた人形から、細工が精巧に豪華に発展していき、江戸時代には段飾りの雛人形が定着したと言われています。近年の住宅では間取りの関係もあって、コンパクトな親王飾りが人気だそうです。お母様から受け継いだ段飾りも、新しいお雛様も健康で不自由なく育ってほしいという周囲の願いが込められています。形式より心で飾りたいものですね。 近頃ではみんなの想いをいっぱい詰め込んで作られた「つるし雛」を古民家などで桃の節句に相応しく華やかに多彩に飾られてありますね。吊るし雛は全体として「衣食住に困らないように」との願いを込めて飾られるものです。赤ちゃんの大事なお守りとしてとても大切にされました。  今月の「おついたち」は、三月弥生の華やかな景色をつくりこみました。  お雛祭りの「菱餅」は三色の上南羮を重ね、白あんを包んだ「桃の実」、こしあんを包んだ「林檎」「橙」、吊るし雛に欠かせない「這い子人形」は練り切り製です。強い風に乗って薫ってくる草花の匂い「春のかぜ」は浮島にきんとんを重ねておつくりしました。  さぁー、草木が芽吹く旅立ちと出会いの春です。心躍らせる春、誰もがフレッシュなお気持ちで、好奇心をもってポジティブにスタートしましょう。  元気で生きる 主人 田口 恵美子

[an error occurred while processing this directive]
HOME > おついたち(一覧) > 平成29年3月(弥生)のおついたち ~ 「雛祭る 都はづれや 桃の月」 ~